キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

おだてましょう(o^・^o)

子ども 仕事

おだてましょう(o^・^o)
  •  http://aff.celebritytrip.club/ad/4330/741808?a=wJKfKRyD
  •  http://aff.celebritytrip.club/ad/4330/741808?a=wJKfKRyD
世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

おだてましょう(o^・^o)


ノーベル賞など国際的な賞の受賞者、論文引用件数の多い国際級研究者を対象に、

受けてきた教育や育ってきた環境についてのアンケート調査をしました。

まず、小学生から高校生時代に影響を受けた項目として、

過半数の53名が「自宅にあった知的な本」

「野外実習など、教科書に縛られない教師の姿勢」というのを挙げています。

よい先生に当たれるかどうかは運にもよりますが、

知的な本(子どもにとっては何でも知的な本だと思います)を揃えておくことは

運に関係なく、どの家庭にもできることです。

ただ、放っておいてもそれに興味を持ってくれるかとなると、

そう簡単にはいかないはずです。

親の、興味を持つように仕向ける工夫が必要だと思います。

また、せっかく興味を持っても、読む力がなければ読めません。

国語力(読書力)は特に、早いうちから高められるだけ高めておいてあげることが、

とても大切になってくると思います。

もうひとつ。約9割が海外留学を経験しており、

その多くが「世界の研究者との競争」

「雲の上のような存在の先生からの指導」を有意義であったと答えています。

注目すべきは、そう答えたほぼ全員が、

「君ぐらいできる人間ははじめて見た。

もっと自信を持つべきだと言われた」など、

外国人指導者の褒め方に言及していることです。

「日本の指導者は頑張れと言う程度。

外国の指導者は若手の育て方をよく心得ている」というのが同研究所の分析です。

「君ほどできる人間ははじめて見た」。

一般的には「そんなにおだてたって何も出ませんよ」と

切り返すのが常識でしょうが、

言われて嫌な気はしません。

嫌な気がしないどころか、謙遜しながらもやっぱりうれしい、

と感じるのが言われる側の正直な気持ちだと思います。

だから、子どもに対してもどんどん言ってあげたい、とは思います。

ところが、現実にはなかなか言えません。

“褒める”のはよいが、“おだてる”のはよくない。

適正な評価のもとに褒めるべきは褒め叱るべきは叱りたい、

と考える親が少なくないからです。

実は、私もそう思っていました。

いまだに、そう思っているところもあります。

でも、よくよく考えてみると、人間がおだてに弱いことはまちがいありませんし、

“褒める”と“おだてる”の間にはそれほど明確な境目がないことに気づきます。
深く考えずに“おだて”でいいんだ、と思ったら気も楽です。

いかがでしょう。「君ほどできる子ははじめて見た」。一回、言ってみませんか。

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
1
  •  http://aff.celebritytrip.club/ad/4330/741808?a=wJKfKRyD
  •  http://aff.celebritytrip.club/ad/4330/741808?a=wJKfKRyD
今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

 http://aff.celebritytrip.club/ad/4330/741808?a=wJKfKRyD

タグ

月別アーカイブ

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ